ハゲたら、ヘアスタイルを変える

hage6-1
もしハゲたら、そのままにしておくと思いますが、ハゲなりのヘアスタイルを考えていくと思います。
髪を短くするか、他の毛を長くするかです。
どちらかといえば髪を短くカットしてわからなくするでしょう。
あとは植毛できるようなところがないかどうか探してみて、それが可能なことがわかれば、髪の毛代を貯めていきます。

施術ができるようになれば、通院して植えてもらうようにします。
それまでの間は、日々の洗髪で頭皮のケアをするべく、専用のシャンプーを使っていきます。

ハゲ方によってどうするか考えますが、耳の上のあたりだけ残っててっぺんがハゲてしまったら、横のほうはバリカンで同じようにハゲにします。

円形脱毛のようにハゲたときは、他の毛で隠してしまってとくに対策はしないはずです。

日ごろの意識は変わるはずで、いつも適当にシャンプーしていたのをより念入りにするとか、ハゲの対策に向けて取り組んでいくものと考えています

ちまたでうわさのスカルプケアのシャンプーがどういうものなのか店頭で聞いてみて、2本ほど購入して使っていくでしょう。
hage6-2

ハゲたら生活習慣を見直しましょう。

hage5-1
もし自分がある年齢から突然ハゲになったとしたら、どうしたらいいでしょうか。
まずはその時の自分の生活習慣を見直してみましょう。
生活習慣でもっとも理想的なのは、こどもの頃だと想定します。
つまり早寝早起きをして、運動をして、ごはんをちゃんと食べるという生活です。

そして大事なことはストレスがあまりない生活だということです。

もしハゲになったら、最近夜型の生活をしていないだろうかとか、脂質が多くて栄養バランスの偏った食事をしていないだろうかとか、運動不足なんじゃないだろうかなどとと疑ってみてください。

もし仕事などでストレスがたまっていると思った場合は、ストレスがたまらない生活をするのは難しいので、上手にストレスを抜く方法を身に付けましょう。

仕事のスキルを覚えるのと同じくらい大切な事なので、真剣に取り組んでみてください。
遺伝かなと思ったら、お父さんやお兄さんの食生活を見て見ましょう。

もしかしたら、野菜を食べずに肉ばかり食べていないでしょうか。
また運動を全然しないタイプではないでしょうか。

だとしたら、遺伝が原因でなく生活習慣が原因かもしれないので、治療は可能です。
ぜひ、一回生活習慣を見直して、健康的な生活で、ハゲを治しましょう。
hage5-2